Read Article

ステイシーST-2 テント用スタンディングテープの自作を考えている方へ

ステイシーST-2 テント用スタンディングテープの自作を考えている方へ

キャンパル・ジャパン社のステイシー ST-2というテントにはフライだけを自立させるスタンディングテープが付いていない!!ことにがっかりした購入者は多いのではないでしょうか?
自立すれば、雨の日などに、吊り下げ式のインナーテントを雨にぬれずにフライの中で畳めるのですが・・・。
専用のスタンディングテープは別売りしていますが、6480円と高額。材料費だけなら1000円程度?

自作の方法はネットにいくつか出ていたので、私も自作に挑戦しようと思いましたが、テープの各部の長さが不明なのと、ハトメポンチやテープを縫い合わせるミシンもなく、時間的な余裕もなかったので、結局、購入してしまいました。キャンパル・ジャパンさん、足元見てますねェ(笑)

そこで、
自作に挑戦してみようという方のために、私が購入したスタンディングテープの詳細についてレポートしますので、参考にしてください。
既にスタンディングテープを購入したが、収納する際のテープのまとめ方が分からないという人のために、テープの巻き方についてもレポートします。

Sponsored Links

テントとスタンディングテープの関係

購入したテント、ステイシーST-2
このサイズのキャンプテントとしては、高額な方ですが、
前室が広く使い勝手がいいです。大人二人が楽に寝れます。
バイクのキャンプツーリングに最適ですが、車でも大人二人でキャンプするのにちょうどいいサイズです。
スタンディングテープが付属していたら最高だったのですが・・・

自作する場合のスタンディングテープは下図の青色の部分です。
骨組みがこの青色の部分のテープと結合していないと、インナーテントを外すと骨組みが倒れてしまいます。

 

購入したスタンディングテープ

ネットで購入した純正の専用スタンディングテープがこちら↓

開けると

これで6480円というのは、高過ぎじゃないでしょうか?
自作したくなりますよね。

ひっくり返すと、こんな感じ下

直径12~13㎝にまとまってます。
変なところに感心してしまう(笑)

重量は約200g

 

スタンディングテープの材料

購入したスタンディングテープには以下の材料が使われています。

・幅2㎝のPPテープ(長さは次の章で)
・内径8㎜のハトメ5組(止めるには両面ハトメポンチ8㎜用が必要)
・NIFCOのSR-20というバックル(プラスチック)
・ステンレス製丸カン 5個(内径30㎜)


Sponsored Links

 

スタンディングテープの各部の長さ

テープの各部の長さを測ったら以下のとおりでした。
長さは、丸カンの中心から測っています。
横の一番長い部分が220cm
縦の長さが148cm
斜めの部分が116cm

ハトメ部分の写真

丸カンとハトメ、バックルは下図のようになっています。
材料をそろえるのは、そう難しくはありませんが、
ミシンとか、ハトメとか、テープの加工を考えると躊躇します。

Sponsored Links

 

使用後のテープのまとめ方(巻き方)

購入後、一旦巻をほどいてしまったら、使用後に同じように巻くのは、多分困難。
なので、あらかじめ巻き方を調べておきましたので、参考にしてください。

使用後の状態。
このままテントの袋に入れてしまってもいいですが、出来ればきれいにまとめたいですね。
まず最初に、テント後部の(三角形の頂点部分)丸カン部分から巻き始めます。
この部分のハトメだけ真鍮色。他はシルバー色
図のようにして左側のテープを右側のテープに重ねます。 この状態から丸カンを中心にぐるぐる巻いていきます。
すると、次の丸カン部分が二つ並んでくるので、ハトメ部分が上にくるようにしてそのまま巻いていきます。
するとこんな風になります。
更に巻いていくと次の丸カンが同じように巻かれてくるので、同様に巻いていきます。
最後まで巻いていくと、こうなります。
ハトメ部分を円の中心側に倒すとこうなります。
ひっくり返してみると、こんな感じ。
結構きれいにまとまります。
この方が、次に使うときに気持ちがいいのと、コンパクトに収納できますよ。

以上、お役に立てば幸いです。

[`yahoo` not found]

URL :
TRACKBACK URL :

コメント投稿欄

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top