Read Article

人生で後悔すること?やり直す生き方とは?

o0800053211349430020
人生は一度きり。

誰しも、後悔しない人生を歩みたいと思っているはず。

でも、多くの人は自分の人生や判断を後悔して生きているのが実情だ。

であるなら、
実際に、皆がどんなことを後悔しているのかを知ることで、
そうならないように気を付けて生きていくというのはどうだろう?

敵を倒すには、敵を知ることが必要である。(笑)

Sponsored Links

 

 

人はどんなことを後悔しているのか?

 

shutterstock_269374565

アメリカで、80歳以上の老人を対象としたアンケート調査がある。

その質問は、

「人生で最も後悔していること」は何ですか?

どんな回答が多かったか?
70%の老人が全く同じ回答をしているのは興味深い。

それは・・・

「チャレンジしなかったこと」

 

もう一つ
海外サイトで、人が死ぬ前に後悔するであろう20の言葉
と言うのがあったが、次のようなものであった。

人それぞれ受け取り方は違うかもしれないが、
ドキッとする言葉もあるであろう。

1.他人がどう思うかなんて、気にしなければよかった。
2.もっと幸せを噛みしめて生きればよかった。
3.もっと他人のために尽くせばよかった。
4.あんなにくよくよ悩まなければよかった。
5.もっと家族と一緒に時間を過ごせばよかった。
6.もっと人にやさしい言葉をかけてやればよかった。
7.そんなに心配しなければよかった。
8.もっと時間があったなら。
9.もっと冒険して、思い切って生きればよかった。
10.もっと自分を大切にすればよかった。
11.他人の言うことより、もっと自分の直観を信じればよかった。
12.もっと旅に出ておけばよかった。
13.あんなにがむしゃらに働かなければよかった。
14.一瞬一瞬をもっと大切に生きればよかった。
15.子供たちに好きなことをさせてやればよかった。
16.最後に言い争いなどしなければよかった。
17.自分の情熱に従えばよかった。
18.もっと自分に正直に人と接すればよかった。
19.あのとき、本音を言ってしまえばよかった。
20.なにかひとつでも目標を達成すればよかった。

どんなことに対して後悔するのかと言えば、
多くは、
恋愛、結婚、学業、会社、無駄遣い、愛情、自分の行動に対してのこと。

行動しない、あるいは、しなかった自分に対して後悔することが多いのではないだろうか?

Sponsored Links

どうやったら後悔しないで生きることができるか?

e6d37d014925813249286d3f8cfb61d0_s
これをやれば大丈夫などという指針はあるはずもないが、

人生を前向きに生きるための「17のコツ」というものがあったので、
多少の参考にはなりそうだ。

1.同じ場所にいるのではなく常に動き続ける

ずっと同じ場所にいると、見える世界が限られる。人生は一度きり。
色んな経験をしないと損である。
環境を変えることは、自分を変える方法のひとつ。
付き合う人を変える。時間配分を変える。住環境を変えるなどだ。

2.無闇に情報を集めすぎない

人は不安になると、たくさんの情報を集めて安心したがる。
しかし、無闇に情報を集めても、混乱するだけだ。
まずは自分が何を求めているのかを整理すべき。

3.目の前のことに集中する

未来は現在の積み重ねでできている。
先のことは遠くてよく見えなくても、近くのことははっきり見える。
迷ったら、今やるべきことがなんなのかよく考えて、目の前のことに集中しよう。
それを繰り返していけば、気がつけば正しい未来に立っている。

4.他人ばかり追いかけない

自分にはないものを持っている人には、どうしても憧れてしまうものだ。
でも、あなたの持っているものを羨ましいと思っている人も必ずいるはず。
誰かになろうとするのではなく、自分の魅力や自分らしさを見つめて、活かすようにしよう。

5.決断の「理由」を自分で考える

あの時こうしておけばとか、あっちにしておけば思った経験はないだろうか?
後悔しそうになったときは、自分の決断の理由を考えよう。
その上で本当に失敗だったと思うなら、次に活かすことができる。

6.いまの自分を精一杯認める

「ここではないどこか」に行けば、幸せになれるのではないか。
辛いことがあると、そんな風に思ってしまう。
でもあなたが「いま、ここ」に立っているのは、これまでの人生の結果なのだ。
まずはこれまでの自分を認めてあげよう。
そうすれば、自然と後悔しない、自分らしい未来も見えてくる。

7.すべて自分ゴト。誰かのせいにしない

物事が上手くいかないからといって、誰かのせいにするのは簡単だ。
でもそれは、いっときの慰めにしかならない。
人を恨みたくなるのは、本当は心のそこで反省しているからだ。

8.自分とは違う視点を持つ人を近くに置いておくこと

ひとりでは、びっくりするような意外なことが見えていないもの。
迷ったとき、人に別の目線で物事を見てもらえば、きっと新しい発見があるだろう。

9.小さな違和感を大切にする

何かがヘン。そんな風に感じたら、それは後悔しそうなサイン。
頭で考えた選択肢でも、心がブレーキをかけていたら、もう一度考え直してみよう。
ひょっとしたら、まだ見えていない何かを敏感に感じ取っているのかもしれない。

10.迷ったら飛び込む勇気をもつ

もたもたしていると、チャンスはすぐに過ぎ去ってしまう。
飛び込んで失敗したなら、それもまたいい経験だ。上手くいけばもちろん最高。
一番後悔してしまうのは、何もしないこと。

11.不確かなことや、リスクを愛する

未来のことはわからない。が、思いもかけない良いことが起きる可能性もある。
人生は予測不能。想像もできないようなハッピーな展開を、見逃さないようにしよう。

12.流れを読む

頑張っても上手くいかない。そんなときは、流れに逆らっているのかもしれない。
こだわりすぎず、試しに別の方向に進んでみよう。

13.いろいろ挑戦することで自分の得意を見つける

やりたかったことをやっているはずなのに、なんだか満足できない。
そのままだと後悔してしまいそう。
そんなときは、やりたいことにこだわらず、いろいろなことを試してみよう。
苦手なことと同じくらい、得意なこともたくさんあるはず。
でも自分では自分のことは見えていないもの。
たくさん試してみれば、意外な得意分野が発見できるかもしれない。

14.失敗も自分の一部と理解する

失敗は誰にだってある。でも失敗したからこそ、今のあなたがある。
どれが欠けても、きっと違う場所に立っていたはずだ。
人生は成功だけでできているのではない。失敗も大切なあなたの一部なのだ。

15.今までやってきたことを、大切にする

今までのことは、全て自分で決断して、自分で実行してきた、かけがえのない財産だ。
あなたが培った能力を信じよう。

16.過去の栄光ばかりに浸らない

過去は過去、もう過ぎ去ってしまったものであり、戻ってこないもの。
あなたがどんなに素晴らしい結果を残しても、常に前進することが大切。
以前すごかったから良いわけではなく、もっとも大切なのは、今、この瞬間だ。
過去に培った力を発揮して、今に生きよう。

17.自分の直感に従う

多くの場合、直感は正しい。
直感は、自分でも言葉にできないいろいろなものを敏感に感じ取った結果なのだ。
うまく整理できなくても、心の声に耳を澄ませば、きっと上手くいく。

大切なのは、自分を嫌いにならないこと。
自分が信じて決断したのであれば、どんな選択をしても、後悔することはない。

Sponsored Links

[`yahoo` not found]

URL :
TRACKBACK URL :

コメント投稿欄

*
*
* (公開されません)

Return Top