Read Article

バイク初心者が公道を走る前に練習すべきこと

バイク初心者が公道を走る前に練習すべきこと

バイク初心者のあなた、公道を走るのが怖いのは当たり前ですぞ。
だって、教習所で免許を取るまで公道には出たことないですからね。

私も最初は怖かった。とっても。
身長164㎝、短足の私には特に(笑)
免許取りたてで、いきなり大型、しかもBMW K100という、とっても重いバイクでしたからねぇ。


右に左に、よく立ちごけました。
というか、センタースタンドを外すときに2度こかして、自信喪失。
なんで、そんなバイク(中古)を買ったのか? 今でも疑問に思うのです。

今乗っているバイクは、HONDA CB750 という、以前、教習所でよく使われたバイクです。

「乗るぞ」と思ったその時から、心臓の鼓動が・・・
そんなあなたに、恐怖心を和らげる方法、公道を走る際の注意点、ポイントをお伝えしましょう。

Sponsored Links


恐怖心は誰にでもある。では、何が怖いのか?

分かります。いろいろ怖いいですよね(笑)。
初心者の怖さの原因は、

・立ちごけしないだろうか?
・足つきが不安
・発進時にエンストしないだろうか?
・事故らないだろうか?
・カーブが怖い
・交差点を曲がるのが怖い
・旋回ができない
・坂道で渋滞したらどうしょう

などなど。
言ってしまえば、技量不足と、慣れない公道という環境から来るんですね。
では、その不安や怖さを克服するにはどうしたらいいのか?

不安を克服するには?

そもそも、自分のバイクのコントロールに不安があるわけですから、
いきなり乗らずに、
先ずは、バイクの取り回しに慣れましょう
早く乗って慣れたいのに、じれったい?
いやいや、早道は基本から!

練習用のスペースがあればベストですが、どこか、他の邪魔にならない適当な広さの場所を探してください。
では、早速、以下のことをやってみましょう。
(「もう出来てるよ」という方は、先に進んでください。)

以下の練習は、あくまでも自己責任でお願いします。

Sponsored Links
エンジンはOFFで、
真っ直ぐ押し歩き、を慣れるまで繰り返す。止める時は、右手の前輪ブレーキを使いますが、ギュッと握らず、あくまでもソフトタッチで、ブレーキの利かせ方も体で覚えます。ハンドルを切った状態でギュッとブレーキをかけると、倒しますww
次に、旋回です。
これも乗らずに、バイクを腰で支えながら右旋回、左旋回を繰り返します。
右旋回の方がやりにくいと思いますが、徐々に慣れましょう!
バックでもやってみてください。
急なブレーキはバイクが倒れる原因になるので、ここでもソフトタッチで。
まだ乗りませんよ(笑)
ここからはクラッチの練習です。
エンジンをかけ、クラッチを切り、ファーストギアに入れます。
バイクを腰で支え、少しずつクラッチをミートしていきます。
(アクセルは回さず、アイドリング状態です。)
バイクが動き始めるクラッチの位置を覚えてくださいね。
動き始めたら、直進、旋回をやってみてください。クラッチを完全に放してしまうと、バイクが暴走して倒れてしまうので気を付けて!
速度調整はブレーキではなくクラッチのミート・オフで行います。
速度が出過ぎて慌てて止めようと、ブレーキを強く握ると、倒れるので要注意。
速すぎると思ったらクラッチを切る、ソフトなブレーキングなどで調整します。
この微妙なクラッチ操作ができるようになると、しめたものです。

では乗ってみましょう!(やっとかい(笑))

最初に、クラッチの微妙なタッチを体で覚えます。

クラッチを切り、エンジンをかけ、ギアはローに入れます。
アクセルは回さず、アイドリング状態のままクラッチを徐々にミートさせていきます。
バイクが動き始めるクラッチの位置を手と指で覚えてください。
(足はステップに乗せずに、いつでも路面に着けるよう、出したままにします。)

アイドリング状態のまま、クラッチ操作だけで、前進、ストップを繰り返します。
慣れてきたら、発進後に足をステップに置き、セカンドギアまで入れてみます。
この時アクセルは少し開ける程度です。

次にブレーキングの練習です。

最初は20㎞/hの速度で後輪のみのブレーキングをしてみます。
安定して止まれるようになったら、前輪のみのブレーキングの練習をします。
前輪のみのブレーキングはカックンブレーキになりやすいので注意してやってください。
急にフルブレーキではなく、ジワーッとかけていきます。
最後に後輪、前輪のブレーキを同時に使って止まってみます。
これが不安なく、安定して出来るようになったら、
30㎞/h、40㎞/h、50㎞/h、と徐々に速度を上げて練習します。

最後に、旋回の練習です。

最初は、これ、誰でも苦手ですよね。
でも、コツさえ掴めば、難しくはありませんから大丈夫。

最初から、ステップに足を乗せて小旋回なんて無理な話。
これも徐々にです。倒れないことが一番ですから。
車体は倒さず垂直を維持して、足を着きながら大きく円を描いて回ってみましょう。
出来るようになったら、徐々に回転半径を短くしてやってみましょう。

最後は、ハンドルをフルロックで出来るようになったらいいですが、無理はせず、できる範囲でいいですよ。

この時のポイントは、最初に練習したクラッチワークです!
そう、クラッチで速度調整します。
これができるようになれば、街中での旋回は怖くなくなります。

以上のことができるようになれば、
バイクのコントロールについて、あなたの不安はかなり少なくなるはずです。

近くにライディングスクールがあれば、積極的に参加して技量を磨きましょう。
私も、結構通いましたけど、どんどん自信が付きますよ。

最後に

バイクは怖い、危ないというイメージがありますが、基本をしっかり押さえておけば、ある程度安全は確保できます。
無理をすると、途端に怖い乗り物になってしまいます。
無理は禁物!!

次回は、バイクに乗るときの服装、装備について書いてみます。

Sponsored Links

[`yahoo` not found]

URL :
TRACKBACK URL :

コメント投稿欄

*
*
* (公開されません)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top