Read Article

突発性難聴と治療 経験談(その4)

突発性難聴と治療 経験談(その4)

さて前回では、高圧酸素療法の概略をお伝えしましたので、
今回は、カプセルに入っている間のことと、治療効果について書いてみたいと思います。

治療の第一回目は、どうなるのかよくわからなかったので、正直、不安でした・・・

Sponsored Links


高圧酸素療法の第一回目(加圧)
どちらかと言えば、閉所恐怖症ぎみなので、
カプセルの扉を締められたときは、
軽いパニック!
自力で出ようと思っても出られないというのは、
考えれば怖い話。

幸い透明で外が見えることと、担当者がやさしいので、
安心して任せられました。
いろいろ不安なことは考えないほうがいいですね。

1時間半も入っていないといけないので。

扉が閉められた途端に無音になるので、
耳が少し変な感じ。

これから約15分かけて圧をかけていくわけですが、
最初の5分が一番耳に負担がかかるようで、
ここで耳抜きができないとつらいです。

「なにかあったら、すぐに教えてください」

と言われていたので、
耳抜きができないときは、すぐに言った方がいいです。

というのも、
私はここで少し我慢してしまったので、
治療後の担当医のチェックの時に、
「少し耳の奥が赤くなってますね」
と言われてしまいました。

耳が痛くなったり、耳抜きができないときは、
我慢してはいけません

圧が上がり続けている間、
何度も唾を飲み込まないと耳が抜けないので、
少し大変でした。

この時は初めてだったので、
まだ耳抜きの要領がつかめていなかった。

担当者が途中何度か、
「大丈夫ですか?」と声をかけてくれるので、
正直に答えましょう(笑)

15分後、
漸く、目的の圧に達します。
ホッと一息。

Sponsored Links
高圧酸素療法の第一回目(治療中~減圧)
一定の圧に達したら、
そのまま60分、ひたすら待つだけ。

テレビを見る(音も聞こえる)しかない。

「いま、大地震が起きたら」
とか
「担当者が倒れたら」
とか
「機械が壊れて、圧が急上昇したら」
とか、
考えてはいけません(笑)

酸素100%の中にいるという実感はないし、
(空気中酸素濃度約20%)
水中10mの気圧も感じるわけではない。

耳の聞こえが少し良くなったように感じたが、
多分、気のせい。
カプセルの中の音の伝わり方が違うせいだろう。

この60分が長く感じる。

漸く60分が経過。
「では、これから減圧に入ります」
という嬉しい言葉。

とはいえ、
耳抜きの要領は加圧の時と同じでいいのか?

結果、加圧の時より楽に耳抜きが出来ました
唾を飲み込むだけで、割と簡単にスコンと抜けます。

治療がもうすぐ終わる。
ということで、気持ちは楽に。

無事に減圧終了。

カプセルの扉が開けられたときは、
海底から生還したような気分(大袈裟か)

心電図のワイヤーを外し、ベッドから起き上がるのですが、
検査着は羽織ってあるだけなので、要注意。
なにしろ、下は素っ裸ですからねェ。
治療終了後の検査
高圧酸素治療が終わったら、
処置室で着替えをして、担当医のいる耳鼻科に向かいます

耳鼻科では、
高圧酸素治療が耳に影響していないかのチェックがあります。

ベッドに寝かされ、
左右の耳の中を覗かれ、影響の有無を見るのですが、
先生から、
「ちょっと赤くなってますね」
「痛くなかったですか?」

と聞かれたので、Sponsored Links

「加圧中に耳抜きがうまくできなくて、ちょっと痛かったです」
と言うと、

「やっぱりね。次から、痛いときはすぐに言ってください」
と言われてしまった。

耳の聞こえは、
治療後もあまり変化なし。

まだ一回ですから、焦らず続けます。

次回は、高圧酸素治療の続きと神経節ブロック注射の治療結果などを・・・

 

Sponsored Links

 

[`yahoo` not found]

URL :
TRACKBACK URL :

コメント投稿欄

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top